お店のはじまり

幼少期、思春期、産後の不安定な時、私の気持ちを救ってくれたのが、あったかいできたての食べものでした。

でっかい味噌おにぎりにちょい焦げパンケーキ、山盛りの甘いカレーや揚げたてフライドポテト、野菜たっぷりの和定食。何の気なしに食べていたけど、しんどい時それを作ってくれた人の顔とともにふと思い出しては心の灯になりました。

そしてあの3月。当たり前にあったものの大切さを突き付けられました。

大事なことって何だろう。これから私にできることって何だろう。避難生活をしているとき何度も何度も考え、そして福島で暮らすことを選びました。

これからは子ども達をたくさん笑わせてあげよう。いつかこの子達が巣立つ時まであったかいごはんを作ろう。家族を大事にしながら、縁のある人のためにも働こう。

不安な時、たくさんの方に愛を注いでもらった私。そのあたたかさを、今度は私が伝えていく番だと思ったのです。

私が唯一作れるのは、ベーグルや焼き菓子など、子ども達に作り続けてきたおやつでした。手に入る新鮮な素材でシンプルに。よく噛めて、腹持ちがよいもの。

まだ会ったことのない誰かが、このおやつで元気になれますように。立場や世代の違う人が仲良くなれますように。愛がめぐっていきますように。そんな願いをこめ、おやつ屋meguruが始まりました。

IMG_bakery